故「市原悦子さん」がお墓の広告でニッコリ お寺の意向で“百箇日までは”

芸能週刊新潮 2019年2月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1月12日、心不全で帰らぬ人となった市原悦子さん(享年82)。語りを担当していた「おやすみ日本」(NHK)の後に追悼特集が組まれた2月16日、朝日新聞の全面広告に、お墓の広告でニッコリ笑う市原さんの写真が載った。お墓の広告に、亡くなった方が微笑む姿が載るというのは、いささか違和感を覚える。市原さんの事務所代表に聞けば、

「この広告は市原と縁が深いものなんですよ。というのも、御主人の姪が嫁いだのが、このお寺の副住職なんです。本山は岐阜にあって、広告は東京・新宿の瑠璃光院白蓮華(びゃくれんげ)堂という納骨堂のもの。...

記事全文を読む