吉田茂が“大恩人”? なぜ日本共産党は非合法化されなかったか

政治2019年2月20日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

日本は稀有な国

 国会では共産党委員長と総理が論戦、街中には共産党候補者のポスターが溢れる。そんな日本の状況は、じつは世界的にみると珍しい。フランスを除いて、いまや先進各国では共産党は国会議席を持っておらず、それどころか活動を禁じられている国すらあることを前記事「日本は共産党にとって天国だった 意外と知られていない世界の共産党事情」でお伝えした。
 もはや“壊滅状態”となっている理由は、共産主義そのものへの忌避感に加えて、法律的な制約があるからという面もある。
 例えば第二次大戦後アメリカは反共立法として、スミス法(1940年)、タフト・ハーレー法(1947年)、マッカラン法(1950年)、共産党取締法(1954年)など、いくつもの法律を定めている。...

記事全文を読む