世界が注目「1住宅=1家族」に代わる「地域社会圏」という共同体

国際Foresight 2019年2月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2018年11月初旬、東京都目黒区の住宅地に立つ「食堂付きアパート」を、フランスの建築・不動産関係者40人あまりが視察に訪れた。

 「食堂付きアパート」は賃貸5戸の小さな建物ながら、デザインコンセプトの新しさや空間構成の巧みさなどが評価され、2014年度のグッドデザイン金賞をはじめ数々の賞を受賞。2016年の「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」で日本館の展示作品の1つに選ばれたことを機に、世界の建築関係者の注目も集めている。

 設計を手掛けたのは、建築家で法政大学江戸東京研究センター客員准教授の仲俊治氏(43)と建築家の宇野悠里氏(42)だ。...

記事全文を読む