はしか集団感染の新興宗教、信者が「AKB」メンバー握手会に参加

エンタメ週刊新潮 2019年1月31日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 はた迷惑というだけでは済まされない。MC(ミロクコミュニティ)救世神教(三重県津市)なる新興宗教の研修会で、はしかの集団感染が発生。しかも、患者の1人がのちにAKB48の握手会に参加していたことが判明した。そもそも、この新興宗教、あらゆる病気は手かざしによる浄霊で治るとのオカルトチックな教えを守っているのだ。...

記事全文を読む