「永野芽郁」は朝ドラ女優の呪縛から逃れられるか 事務所を悩ます“次の売り方”

芸能2019年2月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 現在放送中の「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)は、菅田将暉が民放プライム帯で初主演をつとめる学園ドラマ――といっても、前クールの「今日から俺は!!」だって、ただの“学園モノ”ではない。担任教師(菅田)が自分のクラスの生徒を人質に取って教室に立てこもるという過激な内容である。

 そのヒロイン(学級委員)が永野芽郁(19)で、昨年前期のNHK朝ドラ「半分、青い。」の主人公を演じて以来の連ドラ出演となる。スターへの登竜門と言われる朝ドラだが、最近は、朝ドラの主人公を務めたからといって、その後、女優として大成するわけではない。...

記事全文を読む