韓国に対して相変わらず「遺憾」連発 日本外交の背後にある深刻な問題

韓国・北朝鮮2019年1月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

遺憾、遺憾、遺憾

 23日に開かれた日韓外相会談のニュースを聞き、ため息をついた人もいるのではないか。
 韓国側の「自衛隊機が何度も威嚇してきた。遺憾だ」という怪しげな主張に対して、河野外相は、次のように答えたと伝えられている。
「(自衛隊機は)韓国側が主張するような近距離で飛行していない。韓国側の発表は遺憾だ」
「遺憾」「遺憾」の応酬である。
 河野外相のこうした反応に対して、「反論」「猛反発」と伝えたメディアもあるが、庶民の言語感覚からすれば違和感があるだろう。

 たとえば隣に住む家の親父が、いわれのない文句を言ってきたとしよう。...

記事全文を読む