世界4大トッププレーヤー「決断」の「理由」

国際Foresight 2019年1月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2019年に入り、米ツアー選手たちの今季のスケジューリングが想像以上に変わりつつある。しかも、その話題に上るのはメジャーチャンピオンやビッグネームばかりだ。

 現在の世界ナンバー1、英国出身のジャスティン・ローズ(38)を皮切りに、北アイルランドのローリー・マキロイ(29)、オーストラリアのアダム・スコット(38)、そして米国の国民的スターであるフィル・ミケルソン(48)。

 果たして今、何がどんなふうに彼らのスケジューリングを左右しているのかを追ってみた。...

記事全文を読む