白鵬に飛び交い始めた“帰化情報” バラ色の親方人生、理事長という野望

スポーツ週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 通算勝星1095。圧倒的な歴代1位の記録を持ちながら、横綱・白鵬(33)には帰化問題が立ちはだかり、引退後に親方となる道は閉ざされていた。ところが、そろそろ、それに決着がつくのではないかとの話が飛び交い始めている。しかも、白鵬は親方で満足することなく、さらなる野望を胸に秘めているのだという。...

記事全文を読む