ショーン・ペンの小説は“出版への冒涜”!? アメリカでも続々登場「タレント作家」たち

エンタメ2019年1月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 2015年に芥川賞を受賞したピースの又吉直樹を筆頭に、NEWSの加藤シゲアキや社会学者の古市憲寿、乃木坂46の高山一実など、近年、“異業種”から作家業に参入する例を目にするようになった。本職を別に持つ、あるいは別業界で名を馳せた人物が小説を書くこうした流れは、海の向こうでも盛んのようだ。ただし成功しているかというと、話は別で……。

 ***...

記事全文を読む