「怒りの発散=他人を引きずり下ろす」がつくる不寛容社会 リベラルの怒り方は「間違い」とプロが指摘

社会週刊新潮 2018年11月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「不寛容」な「ギスギス社会ニッポン」――窪田順生(2/2)

 ベビーカーを押す妻がスーパーのレジでもたつき、中年女性から罵声を浴びた――。今年7月、お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明が、こんな内容をブログに綴り、多くの擁護や中年女性に対する批判が寄せられた。公園の花の蜜を吸ったら「窃盗」と批判され、新幹線で肉まんを食べる是非をめぐりテレビで論争……。ノンフィクション・ライターの窪田順生氏は、ニッポンの社会がこうも不寛容になった背景に、“ギスギスの悪循環”があると説く。ある“ギスギス”した出来事が世間の注目を集め、そこから考えの異なる人々同士の罵り合いや嫌がらせが起きる、という構図である。...

記事全文を読む