中国人の「行動原理」と「思考法」を掘り起こす

国際Foresight 2018年12月27日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日本において、「中国人とは何か」というテーマは永遠のものだ。しかし、日本の出版界で、それなりに読み応えのある中国人論を探し出すのは実は難しい。

 日本には中国問題の専門家は山ほどいるが、中国人論に切り込んでいった研究者やジャーナリストは少ない。「中国人」とはあまりにも広大かつ多様な人々で、おいそれと1冊で書き切れるものではないという思いが、日本人にはあるからかもしれない。

 また、戦後の日本人は真正面から中国人論を語ることをどこか避けていたようにも思える。...

記事全文を読む