「米PGAツアー」検討「大学ゴルファー」中退防止の妙手

国際Foresight 2018年12月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 米ゴルフ界の2018年は、戦線復帰し、復活したタイガー・ウッズ(42)の話題に終始した1年だった。

 いや、この1年のみならず、米ゴルフ界のこの20年超のさまざまな変化の大半は、ウッズの影響によるものだったと言っていい。

 1996年にウッズがプロデビューしてからというもの、米PGAツアーの人気は急激に高まり、賞金額は年々高額化していった。TV中継の放映時間も格段に増え、ツアーの諸々のシステムも様変わりした。

 米PGAツアーという世界一の舞台を目指す若きゴルファーたちの「目指し方」にも、ウッズの影響は色濃く見られる。...

記事全文を読む