株価暴落「ライザップ」社長が慚愧を語る(上) 新規M&A凍結は「『未来』を選んだ」

企業・業界週刊新潮 2018年11月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

時代の寵児から滑り落ちたライザップ「瀬戸社長」慚愧を語る(上)

 本体のみならず、傘下企業の株価も軒並み暴落。会社が危機を迎える最中、取材に応じたライザップグループの瀬戸健(たけし)社長(40)が語ったのは、株主を裏切る結果になったことへの慚愧の言葉だった。岐路に立つ「時代の寵児」が、決断の背景を全て明かした――。

 ***...

記事全文を読む