速報! 台湾統一地方選:与党「民進党」打ち砕いた「韓流」ポピュリズムの破壊力

国際Foresight 2018年11月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 台湾の統一地方選が11月24日投開票され、与党民進党が大敗を喫し、党主席を兼務していた蔡英文総統は党主席を辞任した。政権の要である頼清徳・行政院長と陳菊・総統府秘書長も辞意を表明した。

 市長選挙で、高雄、台中、台北、新北の4大都市をすべて落とした民進党の敗北ぶりは、「惨敗」以外の言葉では形容できない。

 今回の選挙の意義は、台湾の主体性を掲げて優勢を誇っていた民進党の天下が、高雄市長選を制した国民党・韓國瑜氏が巻き起こした「韓流」ブームに象徴されるポピュリズム政治の台頭に打ち砕かれたことだ。...

記事全文を読む