「米中貿易戦争」の中国「3つの罠」と「日本の対応」

国際Foresight 2018年11月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今、習近平国家主席による政権は、「3つの罠」に直面していると考えます。1つは「中所得国の罠」、2つ目が「タキトゥスの罠」、そして3つ目が「トゥキディデスの罠」です。

 まず「中所得国の罠」ですが、これは誰が最初に言い出したかというと、世界銀行です。国際復興開発銀行と世界銀行の研究報告書をまとめた『東アジアの奇跡』(1994年、東洋経済新報社)という本がありまして、そこで指摘されていることです。

 と言うのは、やはり人件費の安い頃はそれを生かし、人口ボーナスもあってどんどん産業を発展させ、経済も発展する。...

記事全文を読む