綾瀬「ぎぼむす」VS石原「高嶺の花」の明暗、外見の美しさを強調し過ぎて陥ったワナ

芸能2018年10月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この夏、ホリプロ女優対決と言われた石原さとみ(31)の『高嶺の花』(日本テレビ系)と綾瀬はるか(33)の『義母と娘のブルース』(TBS系)。

 明暗は極端に分かれた。平均視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同じ)を叩き出した『ぎぼむす』は、一昨年(2016年)10月期の新垣結衣『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に迫る大ヒットとなったのに対して、『高嶺の花』はお世辞にも高値とは行かず、シリーズ平均視聴率は9.5%と一桁で終わった。

 メディアアナリストのメディア遊民氏に、長くテレビの現場にいたプロの目から、検証してもらう。...

記事全文を読む