出版に問われる普遍テーマ「利潤と文化」:土田世紀『編集王』

ライフForesight 2018年10月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

『まんが道』や『バクマン。』など、マンガ家が主人公の作品は多い。本欄でも第4回の今回、あるマンガ家の回顧モノを取り上げようと思い、担当編集者にもそう伝えていたのだが、思うところあって、最近再読した土田世紀の『編集王』(全16巻、小学館)について書くことにした。

 これまで本欄はネタバレを極力避けて書いてきたが、今回は引用や筋の紹介が多い。「予告編を見ないで映画館に行く主義」の方は、先に作品を通読するのをお勧めする。マンガや出版に多少なりとも興味のある方なら、読んで損はない傑作だ。...

記事全文を読む