「笑う門には福来たる」は本当か 脳研究者が解説する「笑顔の効果」

ライフ2018年9月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 朝日新聞朝刊(9月4日付)の天声人語に〈あれは誰に教えられたのだろう。先輩記者か、あるいは何かで読んだのか。「苦しいときほど、笑え」。ときどき実行していて、家族から「何だか怖い」と言われることがある。それでも笑ってみると、少しだけ前向きになる気がするのだ〉という文章が掲載された。たしかに〈笑う門には福来たる〉なんてことわざもあるくらいだし、そのような言葉を耳にしたことがある方も多いだろう。

 しかしこの言葉、あながち迷信でもないようだ。天声人語でも紹介されているが、脳研究者・池谷裕二著『脳には妙なクセがある』によると、笑顔に近い表情を作ることで、快楽に関係のあるドーパミン系の神経活動に変化が出るという実験結果があるという。...

記事全文を読む