選手生命より日程優先の甲子園――矛盾する「朝日」社説、せめて大会期間の2日延長を

野球週刊新潮 2018年9月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

吉田輝星の連戦連投881球は美談か 「高野連」が金の卵を破壊する――門田隆将(2/2)

 第100回の記念選手権大会の華は、金足農(秋田)のエース吉田輝星(こうせい)投手だった。連戦連投881球。日本中を沸かしたその活躍だが、果たしてこれを美談として終わらせていいのか。2日間で行われる3回戦で2日目に試合があった場合、翌日には準々決勝が行われ、「5日間で4試合」を戦わなければならないことになる。過酷な大会日程が連投を強い、好投手が潰された例は枚挙にいとまがない。

 ***...

記事全文を読む