『素顔のヴィルトゥオーソ』第2回 ヴァイオリニスト大谷康子

ライフForesight 2018年9月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「私、おしゃべりをはじめると止まらなくなるんです」

 そう言って彼女が楽しそうに話し始めた瞬間、その場の空気が明るく華やかになった。ヴァイオリニストの大谷康子さん。今年デビュー43周年を迎え、ソリストとして国内外でリサイタルを行うほか、数々の著名なオーケストラと共演を重ねるなど、第一線で活躍している。そして21年間、オーケストラのコンサートマスター(後にソロ・コンサートマスター)を務めた。

 日本を代表する実力派なのに、堅苦しさや気難しさなどまったく感じさせず、むしろ誰からも親しまれる雰囲気を漂わせる。...

記事全文を読む