皇帝ペンギン「絶滅危機」に警鐘を鳴らす 映画『皇帝ペンギンただいま』監督インタビュー

国際Foresight 2018年8月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 

 

 南極大陸に冬が訪れる5~6月、氷山に囲まれた内陸部のコロニーで、彼らの子育ては始まる。太古から繰り返されてきたその営みは、あまりに過酷だ。

 コウテイペンギンはメスが産卵するとオスに卵を預け、エサを獲りに海へ向かう。その距離、実に100キロ。たっぷり栄養を蓄えて戻ってくるまで、2カ月の長旅だ。オスはその間、脚の上に卵を載せ、お腹のだぶついた皮をかぶせて温める。食べるものは気休めの雪しかなく、マイナス60度の極寒が体温を奪っていく。それでも空腹と寒さに耐えながら、ひたすら卵を温めるのだ。...

記事全文を読む