「細野豪志」ヤミ献金を仲介、「野田総務相」夫妻はお友だち… フィクサーを直撃

政治週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「細野」「野田」「文科省」で浮上したフィクサーの正体(2/2)

“東京医大への裏口入学”“140万円の飲食接待”二つの文科省不祥事では、コンサルティング会社元役員の谷口浩司被告(47)の名も取り沙汰される。その「妻」を名乗る人物が発信するホームページで登場したのが、2007年設立の民間シンクタンク「大樹総研」の矢島義也会長だった(前回参照)。過去には芸能プロダクションに携わりスキャンダルが報じられたこともあったが、やがて、

「官公庁向けの調査業務を担う中で官僚との付き合いができ、彼らを政治家や民間に繋ぐような仕事をしていた」(永田町関係者)
...

記事全文を読む