あの「内柴正人」がキルギス柔道の総監督になれたワケ 関係者が語る

スポーツ週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 再起を懸けた旅立ちに水を差すつもりはないが、それでもやっぱり心配だ。昨年まで準強姦罪で服役していた柔道・五輪メダリストの内柴正人(40)が、なぜか、中央アジア・キルギス共和国の柔道連盟総監督に就任した。女の園ともいえる女子柔道部のコーチ時代に問題を起こしただけに、新天地でも、ひょっとしてハーレム!?...

記事全文を読む