ネパール訪問記その1「東日本大震災からネパール地震へ」

国際Foresight 2018年8月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

【筆者:尾崎章彦・外科医】(詳細プロフィールは本文末尾に)

 今年6月下旬、1週間の行程でネパールを訪問した。現地の医療者と進めている共同研究について議論するためである。訪問は順調に進み、各所で実りのある議論を行うことができた。その詳細は今後報告するが、今後ネパールの調査を続けていく自信を掴めたような気がしている。

 ネパールとの縁は、2015年11月に遡る。きっかけはネパールの医師アナップ・ウプレティ氏が、当時私が勤務していた南相馬市立総合病院を訪問したことだ。...

記事全文を読む