「アンドロイド」がオペラ公演!「音楽」「ロボット」「人工生命」第一人者の「楽屋鼎談」

エンタメForesight 2018年7月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 何やら誇らし気なこのアンドロイド、実は大舞台を終えたばかりなのだ。リズムを取りながら体を上下に動かしたり、口をパクパク動かしたり――。

 7月22日、「日本科学未来館」で開催されたのは、アンドロイドが「指揮者」兼「歌手」を務めるオペラ公演。音楽家の渋谷慶一郎氏がロボット学者の石黒浩氏(大阪大学教授)と人工生命研究者の池上高志氏(東京大学教授)に声をかけ、「音楽」「ロボット」「人工生命」の3分野が融合した。

 主役の「マエストロ」は「オルタ2」。2016年に石黒氏と池上氏がタッグを組んで制作したアンドロイド「オルタ1」の進化版だ。...

記事全文を読む