「全英オープン」初制覇モリナリ「静」の戦い方

国際Foresight 2018年7月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ゴルフ好きなら、1995年の「全英オープン」の大詰めを覚えている人は多いことだろう。

 恰幅のいいイタリア人のコンスタンチノ・ロッカが18メートルほどもあった長い長いパットを奇跡のように沈め、米国の人気者だったジョン・デーリーとのプレーオフへ突入。しかし、聖地セント・アンドリュースを最後に沸かせたのは、ロッカではなくデーリーだった。

 1991年「全米プロ」を無名の新人ながら制し、シンデレラボーイと呼ばれて一気にスターになったデーリーは、あの95年の全英オープンの大詰めで、右こぶしをぶんぶん振り回しながら大観衆を煽り、人々は「ゴー、ジョン! ゴー、ジョン!」を連呼していた。...

記事全文を読む