“ベスト16”日本代表新監督に浮上 「クリンスマン」って誰?

スポーツ 週刊新潮 2018年7月19日号掲載

  • ブックマーク

にわかサポーター 西野監督って辞めちゃうんだ。イケメンなのに、ざんね~ん。

サッカー通 後任に「クリンスマン」の名前が挙がっているね。

 くりんすまん? わあ、こっちもカッコイイ~!

 現役時代からイケメンで鳴らし、1990年W杯イタリア大会優勝に貢献した、ドイツで、いや世界的に有名なストライカーだよ。日本で言えばカズ、かな。

 監督としてはどう?

 自国開催の2006年W杯では低迷していたドイツを3位に導いた。14年ブラジル大会ではアメリカを率いて16強入りしている。

 すごいじゃない!

 いや、手放しには褒められない。まず06年W杯だけど、実質的にチームを強化したのはコーチのレーブと言われているんだ。レーブはクリンスマンの後に監督に就任し、10年南ア大会で3位、14年W杯では優勝を果たした。今回は韓国に苦杯を喫して1次リーグで敗退してしまったけど、解任はされていない。それだけ手腕が高く評価されているわけ。クリンシーは部下に恵まれただけだよ。

 じゃあ、アメリカの監督だった14年W杯は?

 このとき彼がやった最大の仕事は、アメリカのスター選手ドノバンらベテランを切ったこと。ドノバンは日本で言えばカズ、ね。

 えっ、カズがカズを切った? ややこし~。

 実は似たようなことが今回、日本代表でも起きていて、ハリル監督が……

 ビッグ3を切った!

 本田、香川、岡崎ね。これが引き金となって、チームは空中分解し、ハリルはクビになった。ちなみに、クリンシーも今大会の予選の最中にアメリカ監督を解任されている。

 ……なんかハリルさんの二の舞になりそうね。

 まだクリンシーと決まったわけじゃない。僕は結局、日本人監督になるんじゃないかと見ているよ。希望も込めてね。せっかく“日本のサッカー”を世界に披露できたんだから……。

 ど一でもいいんで、とにかくイケメンよろしく~。