財務省vs国会議員 「最強官庁」への大いなる勘違いを元キャリア官僚が解く

政治2018年6月20日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

放置され続ける大問題

 事務次官によるセクハラ発覚、決裁文書改ざん疑惑。2018年の国内ニュースの主役は財務省といっても過言ではないだろう。だがすでにこれらの問題には、一応の決着がつきつつあると言えるかもしれない。

 一方で同じ「財務省」マターでも、解決の糸口すら見えない大問題が放置されたままになっている。...

記事全文を読む