東海道新幹線殺傷事件は「親への究極の復讐」である 精神科医の片田珠美氏の分析

社会2018年6月20日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 6月9日に起こった東海道新幹線殺傷事件。3人の乗客が刃物で襲われ、男性1人が死亡。殺人未遂容疑として逮捕されたのは小島一朗容疑者(22)だった。小島容疑者は犯行を認め、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。

 このような事件が起こるたびに、犯人たちがなぜ無関係の人々を殺そうとするのか疑問に思うところであろう。

『無差別殺人の精神分析』の著者で、精神科医の片田珠美氏は、「無差別殺人を考える際には、彼らにとってそれが一種の自殺であるという点を理解することが重要です」と語る。...

記事全文を読む