「西城秀樹さん」が明かしていた家族への感謝 献身「18歳年下妻」は実姉の紹介

エンタメ 芸能 週刊新潮 2018年5月31日号掲載

  • ブックマーク

 スーパースターは、「かつての」と形容がつく場合もふくめ、自宅周辺にもあまり姿を見せないことが多いが、近年の西城秀樹は、横浜市の自宅近くで頻繁に姿を見られていた。

「午後3時ごろ、ウォーキングをしているのをよく見かけました。奥様が西城さんの手をとって仲睦まじく歩いていましたね。西城さんを支えるのが楽しみという表情で、一番最近見たのは4月半ば。そのときはお嬢さんも一緒でした」

 近所に住む40代の女性はそう語るが、ただし、秀樹の歩みはゆっくりで、杖をつきながらのことも多かった。あくまでもウォーキングは、2度目の脳梗塞後のリハビリだった。やはり近所の70代の女性は、

「私にも脳梗塞を患った知人がいて、以前、一緒に公園を散歩中に西城さんにお会いしましてね。そのとき西城さんは杖もなく一人で歩いていらして、脳梗塞の先輩として私の知人に“どうすればよくなるか”を熱心に話してくださり、知人はかなり勇気づけられたと言っていました」

 1970年代に「情熱の嵐」「激しい恋」「傷だらけのローラ」など、強烈なアクションとともに絶唱した歌そのもののように、その人生は激しく、傷だらけになりながら、リハビリにも情熱的に取り組んだ。

 2003年6月、ディナーショーのために訪れていた韓国の済州島で脳梗塞を発症。このときは後遺症も軽かったが、11年末、2度目の発症に見舞われた。

次ページ:もう一度「ヤングマン」「傷だらけのローラ」を

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]