首相を守った柳瀬審議官 結婚時に作成された夫人との“ラブ・ストーリー”文書

政治週刊新潮 2018年5月24日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 自身にかかった疑惑の累が首相に及ばぬよう、参考人招致の場で巧妙な答弁を続けた柳瀬唯夫・経産審議官(56)。今でこそ無表情なザ・役人風だが、瑞々しい愛に身を捧げた時期もあった。

 その物語を記した文書をここに掲げる。1991年、柳瀬氏が結婚式を挙げる直前に、同僚らが新婦・A子さんとのなれそめを冷やかし半分に綴ったもので、題して「エネ庁ラブ・ストーリー」。交際時、氏は資源エネルギー庁の幹部で、A子さんは3年後輩だった。...

記事全文を読む