「対馬ツアー」潜入で分かった“客”にならない韓国人 年間36万人が訪れるも…

社会週刊新潮 2018年5月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

韓国発「対馬ツアー」に潜入したら――ライター崔碩栄(下)

「日本の着物の帯は、セックスのときにシーツの役割を果たす」「日本の軍神といわれる東郷平八郎は、朝鮮水軍を率いた李舜臣を尊敬していた」――年間36万人もの韓国人観光客が足を運び、日本でも盛んに“韓国化”が報じられる長崎県・対馬。釜山港発着のツアーに潜入した韓国生まれの韓国人・崔碩栄氏を待ち受けていたのは、添乗員の“とんでもガイド”の数々だった。

 ***...

記事全文を読む