帰還困難区域「飯舘村長泥」区長の希望と現実(上)動き出した「復興拠点」計画

政治Foresight 2018年5月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 東京電力福島第1原子力発電所事故の帰還困難区域を対象に集中的な除染とインフラ整備で住民の帰還を促す、国の「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」の整備計画がこのほど福島県内の被災地6町村で決まった。飯舘村で唯一の帰還困難区域が長泥地区。2017年3月末に村の避難指示解除は解除されたが、長泥は国から除染計画も救済策も示されぬまま、半ば見捨てられていた。が、にわかに復興拠点の整備が決まり、その前提には除染で出た汚染土を再利用する計画があった。古里への愛着から「苦渋の選択」で受け入れた行政区長とともに現地を訪ねた。...

記事全文を読む