「剛力彩芽、お前もか!」 “武井咲の二の舞”恐れるオスカーの悲鳴

芸能週刊新潮 2018年5月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 女房と畳は新しいほうがいい。今どきこんなセリフを口にしたら、「(セクハラが)嫌なら男の記者に替えればいい」と吐き捨てた麻生太郎財務相のように袋叩きになること請け合いだ――。「スキャンダル処女」の剛力彩芽(25)に恋愛話が持ち上がった。お相手は事実婚を繰り返し、次々と新しい伴侶を求めてきたプレーボーイ。女は新しいほうがいい、と捨てられないことを願うばかりである。...

記事全文を読む