「不一致の再認識」が強調された「日中韓首脳会談」

国際Foresight 2018年5月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ドナルド・トランプ米大統領は5月10日午前(日本時間同夜)ツイッターで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで行うと明らかにした。トランプ大統領はまた、「われわれ双方は世界平和のため(会談を)特別な瞬間にすべく努力する」とも書き込んだ。米朝首脳会談は朝鮮半島だけでなく、世界的な安全保障問題に影響を与える歴史的な会談になると見られるが、トランプ大統領はこの開催場所、日時を正式な政府発表ではなく、自身のツイッターで行うという「トランプ流」を貫いた。...

記事全文を読む