「セクハラ罪って罪はない」 「余計な一言」量産の麻生大臣の心理を読む

国内2018年5月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

セクハラ罪はないけれど

 官僚らの処分が発表されたあとも、財務省の不祥事絡みの報道は続いている。その「発火点」の一つがトップ、麻生太郎大臣の「余計な一言」なのは間違いないだろう。

「セクハラ罪って罪はない」「(改竄は)どの組織だってありうる」「福田にも人権はある」

 いずれも誤りではない。話の全体を読めば大臣に悪意があるわけではないこともわかる。そしておそらくメディア側はこうした「失言」狙いで質問を浴びせ、切り取って使っているのも明らかだ。

 が、それにしても……。

「何もこのタイミングでわざわざそういうことを言わなくても」
...

記事全文を読む