世界一目前「ジャスティン・トーマス」不調脱出の「極意」

国際Foresight 2018年5月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨今の米ゴルフ界は復活優勝間近と見られるタイガー・ウッズの話題で溢れ返っているが、ここ数年、ピラミッドの頂点を目指し、着実に歩を進めている期待の若者と言えば、ジャスティン・トーマス。ちなみに彼は今、ウッズと最も親しい選手でもある。

 トーマスはケンタッキー州ルイビル出身の25歳の米国人。アラバマ大学卒業後、2013年にプロ転向し、下部ツアーを経て2015年から米ツアー参戦を開始。ルーキーイヤー2015年の「CIMBクラシック」で初優勝を挙げると、翌年は同大会2連覇を達成し、2017年明けからはハワイで2週連続優勝も達成。...

記事全文を読む