報道が警察を動かした 「トリカブト殺人事件」犯人の饒舌

社会週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 それは一本の電話から始まった。

「友人が石垣島に旅行中に“心臓発作”で急死したが、死に方が変なんです。亭主に変なカプセルを飲まされていた」――。電話の主は池袋の高級クラブのホステスで、「変死」した神谷利佐子さん(当時33歳)の友人だった。池袋警察署にも連絡したが、まともに取り合ってくれないという。電話を受けた写真週刊誌「FOCUS」(休刊)編集部の記者は半信半疑ながら、利佐子さんの葬儀にカメラマンを派遣した。週刊誌の報道が警察を動かした「トリカブト殺人事件」の深層とは。...

記事全文を読む