それでも続く「小室圭さん」宮邸訪問 結婚凍結の打開に“2つの課題”も…

社会週刊新潮 2018年4月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年9月の会見では秋篠宮家の長女・眞子さま(26)に「太陽」と称えられた小室圭さん(26)。彼を取り巻く状況をおさらいしておくと、昨年末、母親の佳代さん(51)が、元婚約者との間に400万円を超す金銭トラブルを抱えているとの記事を「週刊女性」が掲載。年が明け、本誌(「週刊新潮」)を含む複数メディアが再び報じたことで、ことは一気に深刻化した。

 秋篠宮家の事情を知る関係者が言う。

「年末以降、母子がそれぞれ秋篠宮邸を訪れて事情説明を繰り返してきたのですが、男性から援助された生活費や学費について、佳代さんはあくまで贈与だという認識を崩さず、返済の必要はないと主張。...

記事全文を読む