「ポルノ女優」のスキャンダルは大統領の抱える「時限爆弾」になるか

国際Foresight 2018年4月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ドナルド・トランプがホワイトハウス入りしてから、投稿するツイッターの数は毎日平均6~7回、通算で3000回ちかくになる。にもかかわらず、性的関係をもったと訴え、現在、全米の話題をさらっているポルノ女優“ストーミー・ダニエルズ”(本名ステファニー・クリフォード)については1回も、一言も呟かず、長い沈黙を続けている。

口塞ぎのための合意文書

 これまで攻撃されれば、何についても猛烈な反撃に出るのがトランプだった。都合の悪い報道に対しては、「フェイク・ニュース」と決めつけて取り合わず、特別検察官ロバート・モラーの捜査については、「魔女狩り」と言って被害者の立場に固執する。...

記事全文を読む