日本の発展には「教育投資」「規制撤廃」が不可欠

政治Foresight 2018年4月2日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 国際競争力の低下、地方都市の衰退。我が国の前途は暗い。

 この問題に対処すべく、安倍政権は大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略をコアとした「アベノミクス」を推し進めてきた。その目的はデフレからの脱却と富の拡大だそうだ。

西高東低の配置

「アベノミクス」には、我が国を活気づける一定の効果はあったと思う。ただ、この政策には長期的な視点が欠如している。それは、教育投資がなおざりとなっているからだ。むしろ、教育業界においては規制が強化され、利権を産みかねない状況だ。...

記事全文を読む