「羽生結弦」国民栄誉賞に咬みついた「村田諒太」 政治ショーを批判

スポーツ週刊新潮 2018年3月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 最近、国民栄誉賞の“安売り”が目立つとはいえ、オリンピック2大会連続金メダルの羽生結弦選手の活躍が受賞に相応しいものであることは疑いない。だが、賞の目的にある「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった」選手は羽生選手だけだったのだろうか。咬みついたのはプロボクシングの村田諒太(32)だ。

 ***...

記事全文を読む