“盤”に埋まっていた40億円 国民栄誉賞「羽生」「井山」の凄さ

エンタメ週刊新潮 2017年12月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「グラウンドにはゼニが落ちている」。そう語ったのは、球界の名伯楽、故鶴岡一人・元南海監督だ。将棋で「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で2度目の七冠独占を果たした井山裕太七冠(28)に、国民栄誉賞が授与されることになった。これまでに、2人が「将棋盤」「碁盤」のグラウンドで稼ぎ出した賞金は合わせて40億円に上るという。...

記事全文を読む