新経済政策NEPで市場経済を容認

国際Foresight 2018年3月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

                                    

 1921年に、ウラジーミル・レーニンの指導とニコライ・ブハーリン(1888年~1938年)の理論指導により、部分的に市場経済を容認した経済政策、NEP(ネップ)が採用された。

 これにより食糧現物税が導入され、農民は収穫の一定割合(1922年からは一律10%)を国に納めるが、残りを自由市場で販売することが認められた。納税後の余剰穀物の処分について、当初は組織的商品交換が試みられたが、それが失敗した後は、農民の自由にゆだねられた。...

記事全文を読む