久々に求めていた理想のドラマで大満足の「刑事ゆがみ」(TVふうーん録)

芸能週刊新潮 2017年11月30日号掲載

 スマートでスタイリッシュな刑事や、特殊能力をもつ無礼な若手刑事が活躍する作品はよくある。脂ぎってヤニ臭く、安物の吊るしを着て靴底減らし、IT系が苦手なんていう「汚ッサン(汚れたオッサン)系」刑事は、もうオワコンなのね。いや、「小さな巨人」の安田顕が最初はそうだったかな。理想は「おとり捜査官・北見志穂」シリーズの蟹江敬三だけど。残念ながら主役にはならないのだ。

...

記事全文を読む