「山尾志桜里」がのたまう「女性・女系天皇」実現への違和感

政治週刊新潮 2017年11月16日号掲載

 公のために政策を実現するのが「政治家」なら、立場を利用し私利私欲に走る輩は「政治屋」と呼ばれる。自らの欲望を満たすため、W不倫に走った山尾志桜里(しおり)衆院議員(43)には、汚名返上とばかりに成し遂げたい政策があった。けれど、その中身には違和感が……。

 ***

...

記事全文を読む