日立「一家殺害事件」 透けて見える“日本社会のひずみ”

社会週刊新潮 2017年10月19日号掲載

 かつて鉱山の町として栄えた茨城県日立市は丘陵地が多く、高台から太平洋を一望できる。その丘の間を縫うように作られた集合住宅の一室で凄惨な事件は起きた。

 6日、日立市の3階建ての県営アパート1階で火災が起き、部屋から小松恵さん(33)と長女の夢妃(むうあ)さん(11)を始め、5人の子どもの遺体が見つかったのだ。

...

記事全文を読む