「谷垣禎一」が引退を告げた涙の病室 逢沢元国対委員長が明かす

政治週刊新潮 2017年10月5日号掲載

〈後進に道を譲り、政界を引退させていただくことになった〉――9月25日、自民党の谷垣禎一前幹事長(72)が、書面で正式に選挙への不出馬を表明した。

 その4日前、谷垣氏は自らのグループ「有隣会」の幹部に政界からの「引退」を告げていたという。昨年7月の自転車事故以来、公に姿を見せなかった谷垣氏。初当選から34年、最後に臨んだ「派閥会議」の舞台は、リハビリに励む病室だった。

...

記事全文を読む