「普通預金は損」のウソ 経済ジャーナリスト・荻原博子さんに聞く

ビジネス 2017年9月21日掲載

 銀行にお金を預けても、利息はほぼゼロ。むしろATMでお金を引き出すたびに108円、216円の手数料を銀行に取られてしまう。
 
 その一方でいま、様々な投資商品がメディアやネットにあふれ、「利回り3%以上」「豪華プレゼントつき」などとにぎやかに宣伝されている。

 普通預金しかしていない人は、知らないうちに損をしているのか? やっぱり投資はしたほうがいいのか? 

 この疑問について、この度『投資なんか、おやめなさい』という新刊を上梓した経済ジャーナリスト・荻原博子さんに聞いてみた。

...

記事全文を読む