愛情と過保護の履き違えに斬りこんだ日テレの問題作(TVふうーん録)

芸能週刊新潮 2017年9月7日号掲載

 高校3年生の夏。三日三晩遊びまくり、家に帰らなかったことがある。へとへとになって帰宅し、泥のように眠った。17時間寝た後、起きたときに母が言った。「死んだのかと思って、途中で息してるか確かめたわよ(笑)」と。三日三晩帰らなかった娘を咎めるでもなく、笑い飛ばした母。うちは超放任主義で個人主義だなと思ったし、信用されていると痛感した。18歳で。

...

記事全文を読む